海外FXに追証がないのはなぜ?国内FXには追証が存在

海外FXに追証がないのはなぜ?国内FXには追証が存在 海外FXの基礎知識

海外FXには追証がないという言葉は、これから海外FXをはじめようとされている方は何度か目にした事があると思います。しかし、なぜ海外FXには追証がないのでしょうか?
そこで本記事では、海外FXに追証がない理由について解説します。

そもそも追証とは?

まず、追証は(おいしょう)と読み、追加証拠金の略称になります。
追証には、ロスカット水準を下回った時に追加入金しなければ強制決済される追証と、口座残高がマイナスになった場合の追証の2つです。
一般的に海外FXサイトなどでの追証と呼ばれるものは、後者の口座残高がマイナスになった場合の追証を指している事が多いです。

国内FXでは、後者の意味での追証が存在します。すなわち、口座残高がマイナスになった場合であっても、その分を支払う必要があるという事です。簡単に、借金として返済しなければいけないという事ですね。
海外FXの場合は、口座残高がマイナスになった場合、その分が借金にならずに0円に帳消ししてくれます。「海外FXには追証がない」と言われるのはこの為です。

ロスカットがあるんじゃないの??

ここまで読んで、「ロスカットもあるし口座残高がマイナスになる事ってあるの?」とお思いになった人もいるでしょう。
ロスカット水準は、ある一定の証拠金維持率になった際に強制決済されるものですが、それが間に合わない場合があるんです。
国内FXトレーダーの多くの方が苦しむことになった、スイスフランの暴落がそれにあたります。
このような急激な相場変動した場合には、口座残高がマイナスとなり、大損失を招いてしまうという事があります。重ねてお伝えしますが、海外FXであれば、そういった口座残高マイナスでの追証は発生しないところがほとんどです。

なぜ、海外FX業者には追証が存在しないのか?

海外FX業者に追証が存在しない理由としては、海外FX業者はNDD方式と呼ばれる、トレーダーが取引するほど業者の利益になる仕組みになっている為です。
どういう事かと言うと、追証がある場合ですとトレーダーの方が大きな勝負にでたり出来なくなってしまうので、トレードの活性化の為に海外FX業者は追証なしにしているのです。
国内FX業者の場合は、法律によって損失補てんの禁止から追証が存在しています。
また、国内FX業者の場合トレードによっての損失が、国内FX業者の利益になるモデルになっています。(DD方式)

まとめ:海外FXに追証がないのはなぜ?国内FXには追証が存在

いかがでしたか?
海外FX業者に追証がない理由としては、NDD方式と呼ばれる、「トレーダー取引によってFX業者が利益を生んでいる」という事が背景にあるという事でした。
追証がなく、借金になることがない仕組みが整っている海外FXは、その分安心かと思います。

海外FX業者ランキング
XM(XMTrading)
XM

[海外FX業者-詳細]
海外FXを始める方に人気NO.1の王道業者!
[特徴]
・親切丁寧な日本語サポート&日本語対応
・運営歴10年以上&金融ライセンス取得で安心
・ハイレバも可能なバランス良い海外FX業者

GEMFOREX
gemforex

[海外FX業者-詳細]
ボーナスが充実している人気海外FX業者!
[特徴]
・出入金での手数料が無料!
・ボーナス制度が充実している
・ゼロカットシステムを搭載!

iFOREX
iforex

[海外FX業者-詳細]
長い運営とロスカット水準0%が強みの海外FX業者!
[特徴]
・20年以上の運営で信頼度が高い
・日本語サポートもバッチリ
・ロスカット水準0%

FXGT
fxgt

[海外FX業者-詳細]
新しく出来た期待値大の海外FX業者!
[特徴]
・仮想通貨のトレーダーに人気!
・ゼロカットシステムを採用!
・24時間365日サポート対応!

Exness
exness

[海外FX業者-詳細]
日本人利用者も増加中の海外FX業者!
[特徴]
・ロスカット水準が0%
・最大レバレッジは無制限!
・ハイレバ&ロスカット水準0%が良い!

海外FXの基礎知識
シェアする
kaigaifx-siteをフォローする
海外FXまるわかりガイド

コメント