海外FX業者のロスカット水準はどのぐらい?

海外FX業者のロスカット水準はどのぐらい? 海外FXの基礎知識

「海外FX業者のロスカット水準はどれぐらい?」
「そもそもロスカットってどういう意味?」
FXをするにあたって、ロスカットという仕組みは必ず覚える必要があり、業者選びの際にも非常に重要になってきます。
そこで今回は、ロスカットをテーマにすすめていきます。

そもそもロスカット水準とは?

ロスカット水準とは、強制決済になる証拠金維持率のことを指します。
この説明でピンとこない人の為に、もっと簡単に説明すると、証拠金が低くなった際にそれぞれの業者が引くラインを越えた場合に、損失が確定するという事です。
このロスカット水準が低ければ、証拠金分ギリギリ勝負をすることができ、ロスカット水準が高ければ、強制で負けが確定されるのが早いと言えます。

決済するタイミングは基本的に自分で決めることができますが、ロスカット水準を下回った場合には強制的に決済されてしまうという事を覚えておきましょう。

海外FX業者のロスカット水準はどれぐらい?

海外FX業者のロスカット水準は、大体20%~50%になります。
海外FX初心者の方に定番のXMのロスカット水準は証拠金維持率20%以下。
日本国内でも利用者の多いTitanFXのロスカット水準も証拠金維持率20%以下。

中には、ロスカット水準が0%以下という業者も存在します。
それが、iFOREXと、Exnessです。iFOREXとExnessを比較した場合には、日本利用ユーザーは、iFOREXの方が多くいらっしゃいます。
この、ロスカット水準は低く、そしてハイレバレッジが可能であるほど、大きな勝負にでることができます。

国内FX業者はロスカット率が高く設定されており、DMM FXはロスカット水準が50%。FXネオのロスカット水準も50%。マネースクウェア・ジャパンのロスカット水準は80%となっています。

ロスカット水準と合わせて覚えておきたい用語としては、マージンコールがあります。
マージンコールは一定の証拠金維持率になった際に、通知がくることを指します。

ハイレバ低ロスカット水準のデメリットも存在する

レバレッジをかけることで、証拠金が少なくても大きなトレードができます。
その分大きく稼ぐこともできますが、逆も然りです。
ハイリスクにもなり得る点では、デメリットと言えるでしょう。

利用者も多い海外FXのXMには、証拠金維持率などを計算してくれるツールもあるので、気になる方は下記をご参照ください。
参考:https://www.xmtrading.com/jp/forex-calculators/all-in-one#forex-calculator

まとめ:海外FX業者のロスカット水準はどのぐらい?

いかがでしたか?ロスカット水準とは、証拠金維持率が一定のラインを下回った際に強制的に決済される基準という事でした。
そして、海外FXでは20%~50%の業者が多く、中にも0%の業者もあるという事をご紹介しました。
ロスカット水準は、海外FX業者選びの際に参考になる要素なので、覚えておきましょう。

海外FX業者ランキング
XM(XMTrading)
XM

[海外FX業者-詳細]
海外FXを始める方に人気NO.1の王道業者!
[特徴]
・親切丁寧な日本語サポート&日本語対応
・運営歴10年以上&金融ライセンス取得で安心
・ハイレバも可能なバランス良い海外FX業者

GEMFOREX
gemforex

[海外FX業者-詳細]
ボーナスが充実している人気海外FX業者!
[特徴]
・出入金での手数料が無料!
・ボーナス制度が充実している
・ゼロカットシステムを搭載!

iFOREX
iforex

[海外FX業者-詳細]
長い運営とロスカット水準0%が強みの海外FX業者!
[特徴]
・20年以上の運営で信頼度が高い
・日本語サポートもバッチリ
・ロスカット水準0%

FXGT
fxgt

[海外FX業者-詳細]
新しく出来た期待値大の海外FX業者!
[特徴]
・仮想通貨のトレーダーに人気!
・ゼロカットシステムを採用!
・24時間365日サポート対応!

Exness
exness

[海外FX業者-詳細]
日本人利用者も増加中の海外FX業者!
[特徴]
・ロスカット水準が0%
・最大レバレッジは無制限!
・ハイレバ&ロスカット水準0%が良い!

海外FXの基礎知識
シェアする
kaigaifx-siteをフォローする
海外FXまるわかりガイド

コメント