海外FXのスプレッドとは?初心者の為の基礎知識!

海外FXのスプレッドとは?初心者の為の基礎知識! 海外FXの基礎知識

海外FX業者を選ぶ上で、スプレッドは知っておくべき用語になります。
「そもそもスプレッドがわからない・・・」という方に向けて、「スプレッドとは何か?」
そして「どのようなスプレッドが良いのか」を解説いたします。

そもそもスプレッドとは?

スプレッドとは、通貨の売値と買値の差のことを指します。
もっとわかりやすく説明すると、売値とは通貨を売る時の値段で、買値とは通貨を買う時の値段。そこで生まれる取引コストが、スプレッドという事です。

その為、このスプレッドが小さければトレーダーにとっては取引コストが低くなるので有利だと言えます。

スプレッドで覚えておくべき用語のPips(ピップス)について

Pipsとはスプレッドの単位のことを言います。
日本円の場合ですと、1Pips=0.01円=1銭(100Pips=1円)
米ドルの場合ですと、1Pips=0.01セント=0.0001ドル
為替のレートは、1円単位で変動するのではなく、0,001円単位で実は細かく変動しています。
通貨ペアで片方が日本円の場合は銭、通貨ペアが外貨の場合はPipsになる点も覚えておきましょう。

スプレッドには2種類存在

スプレッドには、
・原則固定スプレッド
・変動スプレッド
の2種類が存在します。
原則固定スプレッドは、スプレッドが原則固定されているもので、変動スプレッドはスプレッドが常に変動する可能性があります。
原則固定スプレッドは原則という言葉がついていますが、レートが急変動するとスプレッドも変動する可能性があります。

有名海外FX業者のスプレッドはどうなってる?

固定スプレッドを採用している有名海外FX業者を挙げるとすれば、iFOREX。
変動スプレッドを採用しているのはXM。
これから海外FXを始める方は、事前に頭に入れておきましょう。
また、海外FXの多くは変動スプレッドになっています。

スプレッドの変動を比較する際は?

変動スプレッドの方はリアルタイムに変動があるため、比較をする際は平均値を参考にする必要があります。
また、スプレッドは口座のタイプ・通貨ペアによっても変動するため、スプレッドを参考にどの口座にするか、どの通貨ペアにするかを考えてもよいでしょう。

スキャルピングをするならスプレッドは狭く

スキャルピングをするなら特にスプレッドは狭い方が良いですが、業者によってはスキャルピングを禁止しているところもあります。
ですので、スプレッドが狭いという理由から選んだ業者が、スキャルピングを禁止していないかは必ず確認するようにしましょう。

まとめ:海外FXのスプレッドとは?初心者の為の基礎知識!

いかがでしたか?スプレッドとは、通貨の売値と買値の差のことを指し、単位は「銭」「Pips」であるという事でした。
スプレッドは狭いに越したことはないので、業者選びのひとつの参考にするようにしましょう。

海外FX業者ランキング
XM(XMTrading)
XM

[海外FX業者-詳細]
海外FXを始める方に人気NO.1の王道業者!
[特徴]
・親切丁寧な日本語サポート&日本語対応
・運営歴10年以上&金融ライセンス取得で安心
・ハイレバも可能なバランス良い海外FX業者

GEMFOREX
gemforex

[海外FX業者-詳細]
ボーナスが充実している人気海外FX業者!
[特徴]
・出入金での手数料が無料!
・ボーナス制度が充実している
・ゼロカットシステムを搭載!

iFOREX
iforex

[海外FX業者-詳細]
長い運営とロスカット水準0%が強みの海外FX業者!
[特徴]
・20年以上の運営で信頼度が高い
・日本語サポートもバッチリ
・ロスカット水準0%

FXGT
fxgt

[海外FX業者-詳細]
新しく出来た期待値大の海外FX業者!
[特徴]
・仮想通貨のトレーダーに人気!
・ゼロカットシステムを採用!
・24時間365日サポート対応!

Exness
exness

[海外FX業者-詳細]
日本人利用者も増加中の海外FX業者!
[特徴]
・ロスカット水準が0%
・最大レバレッジは無制限!
・ハイレバ&ロスカット水準0%が良い!

海外FXの基礎知識
シェアする
kaigaifx-siteをフォローする
海外FXまるわかりガイド

コメント